eラーニングを活用しよう!外勤の多い職場でも問題なし!

外勤が多い現場の悩みを解決するeラーニング

営業活動が中心になっている企業や自宅勤務を認めている企業、二交代制や三交代制で二十四時間体制を整えているような現場では社員全員を一堂に会する機会を作るのは困難になりがちです。外勤が多いというときには特に切実な問題であり、海外出張もある場合も多いともなると全員を集めるのは小規模の企業でも不可能になるでしょう。そのような現場で社員研修を行うのに適しているのがeラーニングです。eラーニングはネットワークにアクセスできる環境さえあれば実施できる社員研修になります。全員が必ず行わなければならないような倫理研修などを行うのにうってつけの方法として考慮してみましょう。

eラーニングはアクティブラーニング

eラーニングの魅力はただ社員が集まれなくても研修を実施できるという点だけではありません。講義による研修とは異なり、アクティブラーニングという側面があるのがeラーニングです。eラーニングの基本として研修のためのテキストや動画などを配信し、社員がそれを自ら学ぶという形が取られています。そして、その自学自習の効果測定を行って合否を判定するというのがeラーニングの構成です。最終的な効果測定は問題に対する回答を作成するという形式で行われるのが一般的であり、ボーダーラインを越えない限りは何度も研修を受けなければなりません。このようにして社員が自ら学ばなければならない環境を生み出すことができるのがeラーニングの特徴であり、アクティブラーニングとして活用することができるのです。

社員研修はとても大切となっており、社員を成長させるために必要な研修になりますので、現在では大半の企業が実施しています。

知らなかった!適性検査の基本情報について

筆記テストとWebテストってどう違うの?

就職や転職などで応募内容をみていると、面接以外で適性検査をする企業がありますよね。面接をしたとき一緒に筆記テストを受ける場合がほとんどですが、先にWebテストを受けてそれに合格した人のみ、次の面接に進めるという方法を行っている企業もあります。そこで疑問に思うところが「筆記テストとWebテストの違い」だと思います。筆記テストもWebテストも基本的に能力検査と言われる一般常識(文章力や計算力など)と、性格検査(ストレスへの耐性力など)が主に実施されます。筆記テストは会場に足を運び、企業の人が見守るなかで行います。事前の勉強をしっかりとして、本番は緊張しすぎないようにリラックスすることを心がけましょう。Webテストは筆記テストに比べると楽だと思うかもしれませんが注意が必要です。パソコンを使用してWebテストは行うため、インターネット環境や速度の問題はないか、パソコン操作自体に問題はないかなどを確認することが大切です。

種類がたくさんあって選べない…

ほとんどの企業ではどんな職業にも共通する部分を検査できる、能力検査と性格検査を実施しています。一言に適性検査といっても、細かく分けるといくつかの種類があります。能力検査のなかにも一般的能力検査と特殊能力検査があったり、性格検査のなかにはいくつかの作業を実践する作業検査法や、あいまいな問いかけにどう答えるかを検査する投影法という検査もあります。ほかには趣味・指向適性検査があるが、これは能力検査と性格検査を行ったうえで総合的に判断する際に行われることが多いです。就職や転職の参考にするために、適性検査をうまく活用していきましょう!

適性検査とは、性格や趣味嗜好の傾向を測定する検査のことです。就職活動や転職活動の際に用いられ、仕事内容に対する適正があるか測定し、選考の基準にされます。

事業計画書を書こう!起業に欠かせない資金調達の道

資金調達が起業には必須

起業するために何が必要かと考えると最も切実になるのが資金です。どのような事業を行うにしても多かれ少なかれ資金がなければ始められません。起業資金だけでなく運転資金についても目処を立てておくことが起業する準備としては必須です。自己資金として用意するだけでなく、助成金や補助金に応募したり、金融機関から融資を受けたりして十分な資金を調達するようにしましょう。

資金調達の基本ツールは事業計画書

資金調達を行うために必須の基本ツールとなるのが事業計画書です。助成金や補助金に応募するときには事業内容についての条件を満たさなければならないことに加えて、それが社会に対して十分な貢献度があることを示せる必要があります。その内容が盛り込まれた事業計画書を書いておくと助成金や補助金の申請を円滑に行えるようになるでしょう。一方、事業性や収益性の高さは金融機関から融資を受けるために必須であり、それが明確に読み取れる事業計画書がなければ融資をしてもらうことは困難です。この他にも投資家から直接お金を募集する方法もありますが、そのときには将来性がある斬新な事業内容になっていて、投資家が興味を持ってくれることが必須になります。どれもが事業計画書に盛り込むべき内容であり、十分にわかりやすく具体性のある内容で記載しておくと資金調達に役立つでしょう。それだけでなく、実際に起業してから常に参照する資料にもなるので、手を抜かずにしっかりと書いた上で起業に臨むのが賢明です。

ビジネスの「補助輪」のようなものです。未経験からでも、オーナーになれる方法です。それがフランチャイズという経営手法になります。