事業計画書を書こう!起業に欠かせない資金調達の道

資金調達が起業には必須

起業するために何が必要かと考えると最も切実になるのが資金です。どのような事業を行うにしても多かれ少なかれ資金がなければ始められません。起業資金だけでなく運転資金についても目処を立てておくことが起業する準備としては必須です。自己資金として用意するだけでなく、助成金や補助金に応募したり、金融機関から融資を受けたりして十分な資金を調達するようにしましょう。

資金調達の基本ツールは事業計画書

資金調達を行うために必須の基本ツールとなるのが事業計画書です。助成金や補助金に応募するときには事業内容についての条件を満たさなければならないことに加えて、それが社会に対して十分な貢献度があることを示せる必要があります。その内容が盛り込まれた事業計画書を書いておくと助成金や補助金の申請を円滑に行えるようになるでしょう。一方、事業性や収益性の高さは金融機関から融資を受けるために必須であり、それが明確に読み取れる事業計画書がなければ融資をしてもらうことは困難です。この他にも投資家から直接お金を募集する方法もありますが、そのときには将来性がある斬新な事業内容になっていて、投資家が興味を持ってくれることが必須になります。どれもが事業計画書に盛り込むべき内容であり、十分にわかりやすく具体性のある内容で記載しておくと資金調達に役立つでしょう。それだけでなく、実際に起業してから常に参照する資料にもなるので、手を抜かずにしっかりと書いた上で起業に臨むのが賢明です。

ビジネスの「補助輪」のようなものです。未経験からでも、オーナーになれる方法です。それがフランチャイズという経営手法になります。