知らなかった!適性検査の基本情報について

筆記テストとWebテストってどう違うの?

就職や転職などで応募内容をみていると、面接以外で適性検査をする企業がありますよね。面接をしたとき一緒に筆記テストを受ける場合がほとんどですが、先にWebテストを受けてそれに合格した人のみ、次の面接に進めるという方法を行っている企業もあります。そこで疑問に思うところが「筆記テストとWebテストの違い」だと思います。筆記テストもWebテストも基本的に能力検査と言われる一般常識(文章力や計算力など)と、性格検査(ストレスへの耐性力など)が主に実施されます。筆記テストは会場に足を運び、企業の人が見守るなかで行います。事前の勉強をしっかりとして、本番は緊張しすぎないようにリラックスすることを心がけましょう。Webテストは筆記テストに比べると楽だと思うかもしれませんが注意が必要です。パソコンを使用してWebテストは行うため、インターネット環境や速度の問題はないか、パソコン操作自体に問題はないかなどを確認することが大切です。

種類がたくさんあって選べない

ほとんどの企業ではどんな職業にも共通する部分を検査できる、能力検査と性格検査を実施しています。一言に適性検査といっても、細かく分けるといくつかの種類があります。能力検査のなかにも一般的能力検査と特殊能力検査があったり、性格検査のなかにはいくつかの作業を実践する作業検査法や、あいまいな問いかけにどう答えるかを検査する投影法という検査もあります。ほかには趣味・指向適性検査があるが、これは能力検査と性格検査を行ったうえで総合的に判断する際に行われることが多いです。就職や転職の参考にするために、適性検査をうまく活用していきましょう!

適性検査とは、性格や趣味嗜好の傾向を測定する検査のことです。就職活動や転職活動の際に用いられ、仕事内容に対する適正があるか測定し、選考の基準にされます。