eラーニングを活用しよう!外勤の多い職場でも問題なし!

外勤が多い現場の悩みを解決するeラーニング

営業活動が中心になっている企業や自宅勤務を認めている企業、二交代制や三交代制で二十四時間体制を整えているような現場では社員全員を一堂に会する機会を作るのは困難になりがちです。外勤が多いというときには特に切実な問題であり、海外出張もある場合も多いともなると全員を集めるのは小規模の企業でも不可能になるでしょう。そのような現場で社員研修を行うのに適しているのがeラーニングです。eラーニングはネットワークにアクセスできる環境さえあれば実施できる社員研修になります。全員が必ず行わなければならないような倫理研修などを行うのにうってつけの方法として考慮してみましょう。

eラーニングはアクティブラーニング

eラーニングの魅力はただ社員が集まれなくても研修を実施できるという点だけではありません。講義による研修とは異なり、アクティブラーニングという側面があるのがeラーニングです。eラーニングの基本として研修のためのテキストや動画などを配信し、社員がそれを自ら学ぶという形が取られています。そして、その自学自習の効果測定を行って合否を判定するというのがeラーニングの構成です。最終的な効果測定は問題に対する回答を作成するという形式で行われるのが一般的であり、ボーダーラインを越えない限りは何度も研修を受けなければなりません。このようにして社員が自ら学ばなければならない環境を生み出すことができるのがeラーニングの特徴であり、アクティブラーニングとして活用することができるのです。

社員研修はとても大切となっており、社員を成長させるために必要な研修になりますので、現在では大半の企業が実施しています。