要点は三つ!事業継承のポイントを理解しよう

事業承継の考え方を身に着けよう

事業承継とは、守り抜いてきた事業を他の誰かに譲ることであり、お金や物を譲るような単純なものではありません。経営者の想いと、一個人としての想いの両面から事業承継を考えることが大切です。

引退時期を見定めよう

事業承継を成功させるために、真っ先に行うことは「引退時期の明確化」です。サラリーマンには定年が定められていますが、オーナーには定年の概念がありません。死ぬまで現役を貫くという選択肢もありますが、「引退すべき時期」を正しく見極めることが重要です。経営者として最も重要な要素は外部環境に対する変化適応力であり、年齢が高くなればなるほどその能力が鈍くなる傾向にあるため、引退時期を明確にしておきましょう。

事業承継のゴールイメージを設定しよう

引退時期が決まったら、ゴールをイメージしながら事業承継の準備に取り掛かります。大きく「経営の承継」と「個人財産の承継」の二つに分けて考えていきます。経営の承継には、後継者の選定や育成、経営管理体制の構築はもとより、知的財産の見える化が重要です。知的財産には、「ノウハウや匠の技」「信用や人脈」といった目に見えにくいものが、会社にとって重要な経営資源になることが多いため、出来る限り見える化を図ります。個人財産の承継は、「相続税対策」と「遺族による争いごとの防止」を主に行います。具体的には、自社株の評価引下げ、納税資金の確保、遺言書作成と家族間会議を実施していきますが、これらは専門性が高く時間がかかるため、アドバイザーを立てて早期に着手しましょう。

事業承継は会社経営を後継者が引き継ぐことを意味し、経営者としての資質を引き継がせる「経営承継」と、相続税・贈与税を抑え株式などを引き継ぐ「資産承継」の2種類があります。多くの場合後者を指します。

短期間で学習ができる!社員研修の効率の良さ

苦手分野と得意分野を短期間で見つける事の必要性

まだ入社して間もない社員は、どういった能力に長けているのか周囲から理解されず、その人に合っている仕事を任せてもらえない場合もあります。

それと同時に苦手な事も分かってもらえず、ビジネス関連の英語をまったく理解できないせいで、周囲に迷惑をかけてしまう新入社員も珍しくありません。

そんな個人の能力の違いを確かめるためにも、社員研修は多くの企業から必要とされており、苦手分野を克服しながら同時に得意分野を見つける事ができます。

入社した段階で得意分野と苦手分野を見分ける事で、その社員に適した仕事を任せやすくなり、社員の才能の伸ばしやすさにも大きく影響をします。

定期的に社員研修を開く事によって、成長力に優れた社員を見つける事も可能です。

昇進に合わせた社員研修が必要になる

これまで社内で大きな貢献をしてきた方々が、管理職などに昇進できたからといって、それまでの能力をそのまま活かせるとは限りません。

大きな貢献をしてきた社員だったはずが、管理職としての能力をまったく発揮できずに、会社に迷惑をかけてしまう場合もあります。

そんな悲しい事態にならないためにも、昇進に合わせて社員研修を実施するという企業はとても多いです。

管理職に昇進した際には、管理職研修というものを開催して、そこで集中的に勉強をしてもらう事もできます。

その研修には、これから管理職を目指したいと希望している人たちも同時に参加して、才能を磨き上げてもらう事も珍しくありません。

昇進した直後から即戦力として働けるほどに、実力を身に付けるために社員研修は必要です。

会社の機能をよりレベルアップしていくためには、管理職の能力を上げる必要があります。そのため、管理職研修は会社にとって欠かせないものです。

新品と中古のパーツを混ぜて組み合わせることで自作パソコンの制作費を安くする!

CPUは中古でもあまり劣化していない可能性が高い

パソコンを自作する場合、すべて新品のパーツで組むのではなく、新品と中古のパーツを混ぜ合わせることで制作費を下げることができます。では、新品を使った方がいいパーツと中古でも構わないパーツは、それぞれどのようなものでしょうか。

まず、中古でも特に問題ないといえるのがCPUです。オーバークロックされ、過度の負荷をかけられていたCPUは別として、普通の状態で利用されていたCPUであればあまり劣化はしていません。ただ、CPUの上に乗せるCPUクーラーはほこりが付着することで異音を発したりするので、新品を使った方がいいでしょう。

次に、PCケースも中古で特に問題ないパーツです。ケースに取りつけるファンは、やはりほこりがつくことで劣化するので、気になるようならファンだけ新品にしましょう。

ドライブ類は新品を使った方が安心

新品を買った方がいいパーツとしては、まずドライブ類が挙げられます。ハードディスクドライブ、光学ディスクドライブなどです。どちらも、使えば使うほど確実に劣化していくパーツなので、基本的に新しい方が故障率が低いです。SSDも劣化していきますが、ハードディスクと比べればかなりの長寿命だといわれているので、中古を使ってもいいでしょう。

マザーボードもどちらかというと新品を使った方がいいパーツです。物理的に動くところがないので寿命は長い方ですが、ずっと使っているとコンデンサが駄目になることが多いです。また、新しいマザーボードほど新しい規格に対応しているので、そういった点でも新品の方がいいといえます。

いまや人間の身の回りは精密機械で溢れています。テレビやパソコンなど様々なものがありますがその精密機械の主要部品のひとつがプリント基板でありプリント基板設計は専用ソフトなどを利用して行います。