プライバシーを保護することは自分を守ることである!

プライバシーとは何ぞや?

お風呂に入る時は誰だって真っ裸です。裸を見られるのが好きという人はあまりいません。裸を見られるのは恥ずかしいことで、だからこそ洋服というものを着ているんですよね。人に見られたくないものとして「裸」を挙げましたが、隠しておくべきものだったり、人に見せたくないものは、皆プライバシーに関わるものだと言えます。プライバシーとは何ぞやといった疑問を持ったときこそ、プライバシーについて詳しく考えてみるいい機会となるでしょう。

プライバシーは無限にある?!

裸を見られても恥ずかしくも何ともないという人なら、お風呂を覗かれてもプライバシーの侵害にはなりません。プライバシーを気にしない人にとっては、プライバシーの保護を必要としないんです。でもクレジットカードなどの暗唱番号を人に教えたいと思う人っていませんよね。情報というものがプライバシーになる場合もありますよ。契約者名や登録番号などは、個人情報と呼ばれるものです。こうしたデータになると、誰もが持っているプライバシーだと言えるでしょう。考えてみればみるほど、私たちの身の回りにはプライバシーが溢れてると気が付くはずですよ。

プライバシーは必ず保護しよう!

秘密のない人など世界広しといえども一人もいないでしょう。自分の名前を堂々と言えるというのは立派なことですが、見ず知らずの赤の他人には何も教える必要はありませんよ。世の中には残念なことに悪い人間もいます。そうした人間がいるから刑務所や法律があるんですね。住所や年齢や電話番号などの個人情報と呼ばれるものは、悪用されないように秘密にしておきましょう。プライバシーを保護するということは、自分自身を犯罪から守ることに繋がります。

機密文書とは、官民問わず秘密保持を必要とする書類のことで、 企業秘密情報や取引先からの秘密情報、個人情報などを指します。