普通の美容院よりも1000円カットを選んだ方がいいのはどんなケース?

髪型は二の次にして短時間で髪の長さを揃えたい場合

1000円カットでも基本的には注文通りのカットをしてもらえますが、それでも、その何倍もの料金を取る通常の美容院などと比べると、簡易的な部分はあります。というのは、1000円カットの場合、一人の客にあまり時間をかけると利益を出すことができず、人件費などで赤字になってしまうからです。そのため、できるだけ簡略化したカットを行うことが多いです。なので、通常の美容院と1000円カットをケースによって使い分けるといいでしょう。

では、どのようなときに1000円カットを使えばいいのかというと、まず、目上の人や取引先の人と急に会うことになり、伸びて長さがバラバラになった髪を揃えたいという場合です。見た目がさっぱりしていれば、とりあえず場をしのげるので、短時間で要求を満たしてくれる1000円カットが向いているというわけです。

バリカンで短くカットする場合はかなりお得

髪型を一切気にせず、ただ、短くなればいいという場合も1000円カットが向いています。特にスポーツ刈りや五分刈りのようにバリカンで短くする場合は1000円カットがおすすめです。

一般的な床屋の場合、組合の協定によって料金が決められていることがあり、その場合、ただバリカンで一律に髪を短くする五分刈りでも3000円ぐらいかかってしまうことがあります。しかし、1000円カットであれば、五分刈りでも1000円でやってくれます。バリカンで短くカットする場合、料金やカットにかけた時間によってできあがりが変わってくるということがほぼないので、安ければ安いほど得なのです。

理容業が美容室業界に押されているなか、近年業績を伸ばしているのが1000円カットのFC店です。女性のお客様も増えていて、1000円という手軽さからちょっとしたカットに利用されています。