環境に優しい太陽子発電は、家計にもメリットが!

環境に優しい太陽光発電の仕組み

世界中で問題となっている地球温暖化。太陽光発電は発電時に二酸化炭素を発生させないため、クリーンなエネルギーを生活に利用することができます。また、石油やガスは資源が有限ですが、太陽光は無限のエネルギー資源です。

クリーンなエネルギーである太陽光は屋根に設置されたパネルに当たると発電します。この電気は直流で家庭では使用できません。パワーコンディショナーで交流に変換し分電盤に接続することで電気を使うことができます。

太陽光発電は日中に発電した電気は家庭で使い、余った電気を電力会社が買取ってくれます。曇りや雨の日などで発電量が減少した時や、夜間など発電できない時は必要な分だけ電力会社から購入します。

太陽光発電のメリット

太陽光発電システムは、技術の進歩や太陽光発電の導入が進んだことで、設置する際のコストが低下してきています。家庭で使用する電気をまかなうことができ、余った分は売ることができるため光熱費の節約に繋がります。

また、太陽光発電は災害などで停電になった場合には運転を切り替えることで、生活に必要な電気をまかなうことができます。設置する機材は比較的故障が少なく寿命も長いことが特徴です。しかしまったく故障しないというわけではありません。故障や不具合を早目に見つけるためにも発電量のチェックをこまめにしましょう。

太陽光発電システムはほとんどが屋根に太陽電池モジュールを設置するタイプです。屋根の上が日当たりが良いという理由もありますが、屋根の上にモジュールが設置されることで断熱効果があり省エネや光熱費の削減にもなります。

太陽光発電の価格はメーカーによって多少異なりますが、導入の際には発電モニター、パワーコンディショナー、設置架台、架台工事費、電気配線工事費など様々な費用がかかります。